スカウトマンのバイト求人募集探すなら|スカウト会社口コミ

カテゴリ: スカウト会社の設立

今回は風俗店との契約について書きます。

スカウト会社で風俗店と契約をしていない会社は無いでしょう。一番利益をあげやすいので、スカウトマンのバイトも狙っています。この記事では詳しく書きませんが、だからキャバクラ専門のスカウト会社は避けたほうがいいのです。風俗店とはどうやって契約すればいいいのかや、どの地域にどのくらいの数を契約すればいいのか説明します。

まず絶対にはずしていけない地域は、自分のスカウト会社が活動している地域にある店舗です。 渋谷で活動している会社が渋谷の店舗と契約していなければ、なんのために渋谷でスカウト活動しているのかわからなくなります。その地域に遊びに来ている女性は、その地域で働く可能性が高いです。同様に、その地域に勤務しているのであれば、次も同じ駅で働く可能性が高いです。では、全て活動地域のみで契約すればいいのかについても説明します。

新宿でスカウト活動していて、仮に新宿の全ての風俗店と契約をしたとします。これだと問題が生じるのがわかりますか?スカウトマンならわかると思いますが、自分が契約している店舗の女性を移籍させると苦情を言われる可能性があります。だから、仮にすべての店舗を契約していたとしても、それはデメリットのほうが多くなるのです。店舗契約するうえで「メリット-デメリット」が最大になる契約数でおさめたほうがいいでしょう。

そして、新宿で活動するなら、新宿以外も必要になります。つまり、活動地域以外にも必ず店舗契約をしなくてはいけません。これは、うえにも書いたように、活動地域の契約店舗数を減らす目的でもありますし、ほかにも理由があります。それは、女性が新宿で働くのが嫌になる可能性があるからです。そうなった場合に、自分の活動地域のみで契約していたら、その女性を紹介することはできなくなってしまいます。

契約数は顧問店を取る必要があるので、多くとりすぎてはいけません。顧問店があればスカウトマンのバイトに還元できるので、会社にとっても従業員にとってもいいです。某スカウト会社のように、顧問店が異常に多い会社は、バイトに還元されていませんが、多くのスカウト会社では顧問店に紹介するとバイトにとっても利益があります。これについてはスカウト会社の経営方法で給料設定という記事を書くつもりです。

以上をまとめると、自分の活動エリアに契約店舗を持つことは必要であるし、それ以外にも店舗は契約しておく必要があります。数に関しては、会社の大きさに応じて、徐々に増やしていくといいでしょう。

前回に引き続きキャバクラ店との契約について書いていきます。前回の記事を読んだ人ならわかると思いますが、契約は他社受け業者を使うのは大事です。しかし、全てを業者に任せっきりでもいいのでしょうか?今回はその事について書いていきます。

まず知っておかなければならない事の一つが、スカウト会社の利益で大事なのが、顧問契約です。この顧問契約については、今回書きません。このスカウト会社設立のカテゴリ内または、店舗契約のカテゴリ内で書いていきますので、そちらを参照してください。

スカウト会社でキャバクラ店と顧問契約を取っていない会社は少ないです。他社受け業者にすべてを任せてしまうと、自分の会社で顧問契約をとれなくなります。スカウト会社を大きくしていくためには、最低限の顧問契約が必要になってきます。最低でも一つのキャバクラ店と顧問契約をするべきでしょう。では、実際はどうすればいいのか説明します。

今まで、述べてきたように、他社受け業者との契約も、自分で直接契約することも必要です。他社受け業者を使うメリットは、集金が楽だという事。さらには、上司が面接をしなくても、優秀なスタッフが代わりに面接をしてくれて、クロージングまでしてくれるので、負担が減ります。しかも、遠方まで行く手間も省けたり、自分でさばく事ができない女性(採用が難しい女性の事)までお金に換える事ができます。

さらに、実は他社受け業者は店舗と有利な契約をとっている事が多いので、一見のスカウトマンが行った場合よりも、時給が高くでるなど、女性にとっても有利に働きます。確かに、他社受け業者を使うメリットは大きいです。

一方で、自分で契約を取った場合には、ある一定の数の入店を確保できていれば、顧問契約してくれます。毎月安定したお金が入ってくるので、会社経営では有利に働きます。また、間に人を挟まないので、スカウトバッグのすべてを手にする事ができます。 デメリットを言うならば、全て他社受け業者にメリットの逆になります。

まとめると、一店舗は顧問契約を取る事を目標として、それ以外の女性は業者を使って紹介するスタンスが一番いいでしょう。無理して自分の会社だけですべてをこなす必要はありません。また、全て任せるとアルバイトが育ちません。バランスが大事になってきます。

上手にスカウト会社を設立していくために、今回はキャバクラ店との契約について説明します。

スカウトマンにとって一番楽な業種はキャバクラです。スカウトを始めたばかりのバイトはキャバクラばかりを入店させます。したがってキャバクラを契約していないと、新人アルバイトが残りません。そのために契約が必要になりますが、どんな店舗と契約を取ればいいのでしょうか。

その前に、スカウト会社を経営していくうえで知っておかなくてはいけない事があります。それは他社受け業者の存在です。スカウト会社で、バイトを使ってスカウト活動をする代わりに、他社からの女性を扱う事を専門にしている会社があります。新宿や渋谷や池袋など、全てのエリアに複数の業者がいます。まずはこれから説明していこうと思います。

一番大きな他社受け業者は新宿にあります。これはスカウト会社を経営していると、自然と営業を受けるので、心配しなくても知り合えます。会社名は出しませんが、イニシャルはNです。この元N商事は、全てのエリアのキャバクラを対応してくれるので、会社を経営していくうえで、とても便利です。必ず契約しなくてはいけないと言っても過言ではないでしょう。

他には渋谷であればPグループなどもあります、ここは渋谷のキャバクラであれば一番良い会社でしょう。活動地域が狭いので、自分で営業をしなくては知り合えない可能性もあります。渋谷を活動範囲に考えてスカウト会社を経営していくなら、知り合いのスカウトマンに紹介してもらったほうがよいでしょう。池袋にも上野にも他社受け業者はありますが、先に書いている、Nと契約を取れば問題なく仕事ができます。

次回は自分で契約を取るメリットと必要性などについても説明していきます。自分で契約をするか、上で述べている業者に依頼するかはメリットとデメリットがあります。ここも知っておいたほうがよいでしょう。

前回は店舗契約についてのおおまかな説明をしました。さらにスカウトマンのバイトに直接営業をかけてくる場合の対処策についても説明しました。今回はその続きである、スカウト会社の求人サイト(一般的な求人サイトや求人誌を含む)を通して、店側から営業があった場合の対処方法と、自分から営業をする方法についても書いていきます。

スカウトマン求人サイトに掲載すると、アルバイトの応募よりも営業のほうが多くかかってきます。これは僕自身がスカウト会社を経営していた時に、迷惑だと思うほどでした。スカウトマン募集のために掲載しているのか、営業のために掲載しているのかわからなくなるほどです。

ここで二つ注意しなくてはいけない事があります。それは電話営業をしてくる店舗は、直接営業をかけてくる店舗と違って、違法店が数多く存在するという事。さらには、まだオープンしていないが、スカウトマンの相場について知っておきたいがために、調査目的でかけてくる事です。この二つははっきり言って相手してはいけません。貴重な仕事時間を使う価値もありません。

当たり前ですが、違法店と契約をとった場合にはスカウト会社にも損害があります。これを防ぐためには、契約の前の段階で店舗名を聞いておき、事前に店舗HPを確認します。もしHPが無い場合はあきらかにおかしいです。また、新規オープンするかどうかもわからない店舗からの営業の場合は、「オープン日が決まったら連絡ください」と言えば解決です。冷たく感じるかもしれませんが、本当に迷惑になるほど、新規オープン予定の店舗からの営業は多いです。

次は自分から営業をするときです。自分から営業をする際に、飛び込み営業は絶対にやめましょう。これをやると店舗側に迷惑になりますし、二度と契約できなくなります。基本的には電話営業が一番おすすめできます。あとは、仲の良い店舗同士で紹介しあうこともありますが、なかなか難しいかもしれません。契約のさいには、必ずスーツでいきましょう。スカウトマンは私服が多いので、集金のときは私服でもかまいませんが、初対面ではスーツで行くことを心がけてください。

次回は、どういう店舗と契約をするのがいいのか、業種別に詳しく説明していきます。

スカウト会社が店舗を契約する方法はいくつかあります。大きく分けると、店側から契約依頼がある場合、自分から営業に行く場合です。この二つを細かく分けていきます。

店側からの依頼だと、スカウト活動中にバイトに声をかけてくる直接営業タイプがあります。また、スカウトマン求人のサイトや雑誌に掲載していると、そこから電話で営業をしてくるタイプもあります。さらに、知り合いの店舗から紹介してもらおうとするタイプもあります。自分から契約する場合だと、直接店のHPを確認して、電話営業をする場合と、知り合いに頼んで紹介してもらう場合があります。

店側からの依頼について説明します。まずはスカウト活動中に話かけてくる場合についてです。店の求人担当者は、店の授業員(女性)を集めるために、スカウトマンと契約をしたがっています。 そのため、現場で仕事をしているアルバイトに真っ先に声をかけます。

多くのスカウト会社はアルバイトが店側と直接契約を取ってはいけない事を、店舗側は知らないので仕方ない事かもしれませんが、経営者側からするといい迷惑です。アルバイトが直接契約をすると、ペナルティとして罰金を取るか、退社させる会社も多くあるのではないでしょうか。そうならない様に対処が必要ですが、全て無視させていると良い店とも契約が取れなくなってしまいます。どうすれば一番良いのかを説明します。

営業してくる際には多くの場合が、名刺を渡してくる事が多いので、あとから社長自らが電話するといいでしょう。そのためには、バイトに対して、営業が来た場合の対処策を事前に伝えていくのが良いです。それか現場には必ず社員またh幹部を置いておき、営業されたらすぐに呼ぶシステムを確立したほうがいいと思います。

こうすれば、アルバイトが求人契約を直接することもなく、さらには、良い店と契約できる可能性もでてきます。名刺を渡さないような店は、違法店の可能性もあるのでふるい分けることさえできます。名刺が渡されなくても、最低でも店舗名は名乗ってくるので、それで判断してもいいです。

次の記事では、店側からの電話営業が来たときの対処策や、自分から営業をするにはどうしたらいいのかについて書きます。

このページのトップヘ