スカウトマンのバイト求人募集探すなら|スカウト会社口コミ

カテゴリ: スカウトについて

スカウトマン募集を自分が会社経営をしているときには、頻繁におこなっていました。スカウトマンのバイトを希望する、多くの人を面接しましたが印象に残っている人がいます。面接時の印象が強かったですが、彼はその後、大学生のアルバイトながら月に80万円をコンスタントに稼ぐようになりました。

スカウトマンを求人するのは、男性向け高収入サイトを使っていましたが、月に数人しか応募がなく、来たとしても高齢の人ばかりで、面接するのも億劫になっていた時期でした。そんな時に、彼からの応募がありました。電話でといあわせがあり、いろいろ話を聞くと、年齢は20歳と若く スカウトマンを始めるには適した年齢であったので、面接するのを楽しみにしていました。

スカウトマン希望の人はイケメンが多いというわけではありません。普通の仕事と同じように、イケメンもいれば少し不細工な人までやってきます。ですが、彼はずば抜けて不細工でした。しかも背が低くて、いかにもモテない学生という感じでした。しかもバイトの面接の際に「スカウトマンのバイトはモテますか?」を連呼するような非常識だったので、正直不採用にしようか悩んだくらいでした。

スカウトマン募集をしていると、たまに変な人がやってくるので不採用にすることもあるので、彼もそうしようと思ったのです。しかし、不採用にしなくて正解でした。

彼は女の子が大好きで、声をかけるのを楽しそうにしていました。スカウトになりたてだと、普通は何度かシカトされるとめげてしまうのですが、彼には一切そんな事はありませんでした。理由を聞くと「え?女性っていつもあんな感じじゃないですか?」とさみしいことを言っていたので笑ってしまいました。彼にとっては女性は冷たい生き物だそうです。

それでも、仕事を続けていくうちに、身だしなみにも気をつかうようになり、少しは見た目というか雰囲気もよくなってきました。それにともない成績も上昇して、一年もしないうちに月収100万まで到達しました。稼げる時期と稼げない月の差が激しかったので、平均すると月収80万くらいでした。
それからスカウトマン求人をするときには、不細工であったとしても、とりあえず採用してみようという方針になったのは言うまでもありません。

スカウトマンにはお洒落な人が多いのも特徴のひとつです。まだスカウトを始めたことがない人でも、新宿や渋谷でスカウトマンを見ていると思います。その中のほとんどがお洒落だとは思いませんか?スカウトのバイトは多くがお洒落です。なぜお洒落な人が多いのか説明していきます。

スカウトマンは女性と仕事のたびに接します。女性に不快感を与えてはいけないので、最低限の恰好をするように心がけます。奇抜な恰好をしては稼げるようにならないですし、ダサい恰好をしていたら当然のように稼げません。女性から信用を得るために、最低限の恰好をするようになります。

仕事に行く日には、家でどんな服を着ていこうか悩むようになります。その結果、組み合わせについて学ぶようになり、何時の間にかお洒落になっていきます。スカウトは稼げるので、自分がほしいと思った服を購入することができるのも理由の一つです。

自分がほしいと思った服を買えるようになると、ファッションが好きになってきます。給料が出るたびに服を買いに行くスカウトマンはとても多いです。勤務地が渋谷や新宿な場合が多いので、仕事帰りや出勤前に行くこともできます。それどころか、自由に休憩を取れる仕事なので、仕事中に同僚スカウトマンとショッピングに行くアルバイトもいます。

また、先輩スカウトマンがお洒落な人が多いので、憧れてどうすればいいのかを相談します。お洒落な人の、ブランドや組み合わせをマネする事によって 自分自身も変化していくのです。

まとめると、 女性の目を気にして最低限の服装をする。お金を稼げるようになり、自分の好きがなんでも買えるようになる。先輩の服装を参考にする。これらが組み合わさる事によって、スカウトマンはお洒落になっているのです。

スカウトマンの特徴は「人見知りをしない」です。スカウトのバイトを始めた最初のころは、人見知りであったとしても、仕事を続けるうちに何時の間にか人見知りが克服されたという話をよく聞きます。今回は人見知りをしない理由について説明します。

スカウトマンのバイトになる前に人見知りであったとしても、仕事を通して人見知りではなくなります。仕事のたびに、見ず知らずの人に話しかけなくてはいけないわけですから、自然と人見知りがなくなります。最初のころはドモってしまっていても、仕事を10回もしないうちに冗談まで言えるようになります。

その理由は簡単です。スカウトマンは女性に声をかけるのが仕事なわけですから、最初はひたすら声かけをします。勤務時間にもよりますが、一日30~70人に声をかけて、その9割はシカトされます。これだけシカトされると感覚が麻痺をしてきて、知らない人に声をかけるのが恥ずかしいと思わなくなります。

スカウトのバイトがクラブなどでもナンパに成功するのは、女性に声をかける行為に躊躇がないからです。たまにナンパするぐらいだと、いつまで経っても慣れません。 影響があるのいは、ナンパや声かけだけではありません。

スカウトのバイトを始めると、先輩や同期などとも堂々と話をする事ができます。 これも、仕事のたびに声かけをしている効果です。よくある、求人サイトに「人見知りが克服された!」などと書いてありますが、あれは嘘ではなく事実なのです。

もちろんスカウトマンのバイトになろうと思う人は、最初からコミュ力が高いような人が多いのも事実です。元から明るく社交性だから、人と接する仕事がしたくて始めた人も多いです。そういう人は、スカウトを始めたから人見知りが克服されたというのは当てはまりませんが、とにかく人見知りのアルバイトはいないです。

スカウトマンの特徴はなんといっても、女性にモテることでしょう。これはルックスが元々良い人が多いからではありません。しっかりとした理由があります。それに、僕がスカウト会社を経営しているとき、スカウトマン募集をしていると、必ず聞かれる事は「女性にもてますか?」でした。それだけ、バイトを選ぶ人にとってモテる仕事かどうかは重要な要因なのだと思います。今回はどうしてモテるのかについて説明していきます。

スカウトマンはどの仕事よりも女性と知り合う機会が多いです。知り合う機会が多ければ多いほど、自分を好む女性とも知り合う可能性が高くなります。だから他の仕事よりも、モテるという事もあります。しかし、モテる理由は単純にそれだけではないのです。

スカウトは女性に仕事を紹介するだけではなく、仕事の相談も受けます。そのため、頼れるお兄さんみたいな存在として女性から慕われます。女性も頼れる人を好きになる事が多いので、自然とスカウトマンを好きになります。特別ルックスが良くなくても、モテるアルバイトが多いのはこれが理由です。

僕が知っている中で、とんでもない不細工でもスカウトで知り合った女性と付き合っていました。彼は学生時代も全く女性に相手にされず、無料で女性を抱いた事がほとんど無いようなレベルでした。ここまで不細工だと、仕事でもよく絡まれていました。正直、一緒に歩くのも恥ずかしいくらいの顔をしていましたが、それでも自分が担当している女性と付き合うことになっていました。

スカウトをして女性と付き合えないのは、相当の不細工でないかぎりはあり得ません。例えば、ルックスのせいで居酒屋やコンビニなどの、アルバイト面接に不採用になるレベルでなければ平気です。本当にヤバいレベルで無い限り、モテる仕事である事は間違いないでしょう。話は少し変わりますが、それほどの不細工でも稼げてしまう、魅力的な仕事でもあるんだと感心します。

このカテゴリではスカウトマンのバイトとして活躍する人の特徴について書きます。スカウトマンで活躍する人には特徴がありますが、全ての人に当てはまっているわけではありません。この特徴に当てはまらなくても稼げているバイトは大勢いるので、真剣に受け取らず遊び半分で読んでください。

スカウトマンに向いている人は、まず第一に女好きです。女性と毎日接する仕事なので、女性が好きな人にとっては最高の職場です。しかも、普通の人よりも綺麗で可愛い女性と知り合う事が多いので、仕事を楽しむ事ができます。

逆に女性が不慣れな人が、スカウトマンを始めて女性に慣れたという話も聞きます。毎日のように綺麗で可愛い子と話す仕事なので、プライベートで知り合う女性を綺麗に感じないというデメリットもあるとかないとか。

さらに、女性だけでなく男性に対しても社交的です。これは後輩であれ先輩であれ、誰に対しても気を遣えます。これも、最初は気が利かなくても、仕事になれてくるうちそうなります。

また、お金使いが荒い人が多いです。稼げるのに時間はあるから、ついつい給料の半分以上を遊びに使ってしまうバイトが大勢います。しかも、キャバクラや風俗に使う人が多いです。これは、スカウトマンの特徴ですが、自分自身が我慢すれば、いいだけの話なので節制してお金を貯めている人もいます。他にも髪型や服装など、様々な特徴があります。

次回の記事からは、上に書いた「スカウトマンの特徴」を一つずつ丁寧に説明していきます。

このページのトップヘ